ひとりでたべる昼食よりも


文章の書き方を忘れた。

いまこうして白紙のノートと向かい合ってみて、高校の3年間で毎日ブログを書いていたのを、それをささいな自信にしていた時期があったのを、思い出した。

自分が感じてる以上に時間はたってるみたいで、その分だけ当たり前に日本語が不自由になってる。

言葉をだいじにしてた頃に出会った人たちに合わす顔がないなあ。そのときぼくを、好きだと言ってくれた人たちに愛想を尽かされるなあ。


まあ、だからやないが、これからたまにこうやって、ギリギリな文法で、歯ぎしりしながら言葉をつづるので見ておくれ。むかしから筆圧は濃いめです。


地に足つけて夢みたいなこと言ってたいもんですね。

ほなまた。



颯心